家庭教師アルバイト情報

最短1週間でお仕事開始! 一括応募で生徒がすぐに見つかる!

応募まで最短2分 簡単一括応募

アルバイト募集中の家庭教師センター 一覧

まとめてチェックを入れて、複数社に一括応募が可能です。

ご希望の地域に家庭教師センターが見つかりませんでした。
こちらの「希望する勤務地を選ぶ」から別の都道府県の家庭教師センターを検索できます。
または「」から都道府県の家庭教師センター一覧より家庭教師センターをお選びいただけます。

の家庭教師アルバイトの口コミ・評判

家庭教師のトライの口コミ

投稿者情報

投稿者名
T.K
大学名
北海道大学
学部
医学部
学科
医学科

勤務内容詳細

所属センター名
家庭教師のトライ
勤務地域名
北海道札幌市東区
指導生徒の学年
中学2年生
指導科目
数学
生徒の家庭教師利用目的
高校受験対策
アルバイト実施期間
2015年7月から2ヶ月
シフト
週に1回
1回の指導時間
90分
勤務時間帯
18時~20時
時給
1,200円
時給(昇給後)
1,200円

家庭教師会社の選び方について

もともと家庭教師に興味があったのでインターネットで募集しているところを探しました。 トライはCMでも広く知られていると思ったので登録している生徒の数も多いのではないかと思い、自分の条件に合う人が見つかりやすいと考えて決めました。

志望理由・自己PR内容について

個人面接で事前に挙げられた家庭に行く前に行われました。志望理由には正直に家庭教師が自分の時間を圧迫されず、無理なく働けそうと伝えました。面接はとくに重要とは感じませんでした。家庭の人に感じがよさそうか見てもらう方が大事のように思えます。

賃金について

あまり働いていないので昇給とかはとくにありませんでしたが、まわりで働き続けた人に聞いたところあまり昇給というのが内容でしたのでもう少し昇給の機会を与えた方がいいのではないかと考えます。中には個人契約にしている人もいたので。

人間関係について

良かったのは一人暮らしだったためか自分の食事も用意してもらうことが多かった点です。親御さんからもいい印象をもたれることが必要だとは思いますが、このおかげで食費があまりかからないのでバイト代以上の価値が出ていました。

教材について

普段学校で使っているテキストを使うことが多かったです。特に定期試験とかではそういった学校で使われるテキストから出る問題が多かったので丸暗記させるようにしていました。あとは頭の体操もかねて100マス計算なんかはさせていました。

やりがいについて

定期的に来る試験の結果が今までよりも上がっていたときにはやりがいを感じました。特にうれしかったのは成績が上がったために今までの志望校よりも高い水準の高校を目指してみるといわれた時です。この時には親御さんにも大変感謝されました。

苦労した点について

たまに宿題をやっていなかった時には次に持ち越してしまうことにもなるので進むのが遅れることにもなり、大変でした。あとは以前やったところをあまり覚えてなかったことが発覚した時です。そうしたときにも戻らなくてはならなかったので大変でした。

研修内容について

特に説明会や指導会といったものはありませんでした。登録するときに動画で説明されるだけで内容も基本的なことばかりです。ただ、授業ごとにレポートのようなものを書かなくてはならなかったのでそれは意識してしっかりと書くようにしていました。

本部のサポートについて

相手側の過程と会わなかった時にすぐに変えてもらえた時には良かったと感じました。家庭教師の仕事は相手の家庭との相性によって楽にもきつくもなってしまうので次々と紹介してもらえたのも良かった点であったと思います。

家庭教師のトライの口コミ

投稿者情報

投稿者名
K.S
大学名
青山学院大学
学部
法学部
学科
法学科

勤務内容詳細

所属センター名
家庭教師のトライ
勤務地域名
神奈川県相模原市南区
指導生徒の学年
小学5年生
指導科目
国語、算数、英語
生徒の家庭教師利用目的
学校の補習、塾の補習、苦手克服、基礎学力向上
アルバイト実施期間
2010年4月から12ヶ月
シフト
週に2回
1回の指導時間
60分
勤務時間帯
16時~18時
時給
1,200円
時給(昇給後)
1,200円

家庭教師会社の選び方について

大学生の頃、アルバイトで塾講師か家庭教師か悩んで、自分の性格から1:1の方がいいかなと考えて家庭教師を選びました。アルバイト情報誌のanを買って、そこで家庭教師のトライを見つけて、有名だったのでそこに決めました。

志望理由・自己PR内容について

面接という面接はなかったようい記憶しています。採用試験、適正試験のあと、他の学生たちと一緒に集まって、業務説明をしていただいたり、書類に記入などを行いました。履歴書も持っていきましたが特に内容については触れられませんでした(大学生なので学歴で判断?)

賃金について

初めての家庭教師のアルバイトだったということもあり、他社と比較できないので分かりません。交通費(電車・バス)もきちんと出たので、特に不満はありませんでした。1年間しか働いていないのでどれくらいで昇給できるかは分かりません。

人間関係について

一人の生徒の母親が非常に良くしてくれて、いつもおやつを用意していただきました。また、私が一人暮らしということもあって、帰りにはおかずやおにぎりを作って持たせてくれたりしたので、非常に良い思い出となっています。

教材について

生徒が使っているドリルや教材を元に教えていたので、私自身が何か持っていくということはありませんでした。帰国子女の生徒がいて、その生徒の英語のレベルが高かったので、私自身も予習がしたいと思い、同じ教材を購入しました。

やりがいについて

一人暮らしをしていたので、家庭のアットホームな雰囲気や温かさが好きでした。また、生徒や保護者と生徒の将来についての話を聞くことが楽しかったです。成績が上がったかどうかはよく分かりませんでしたが、コミュニケーションは十分とれていたと思います。

苦労した点について

業務で苦労したことはありませんが、どの生徒の家も駅から遠かったので、通うのが大変でした。全ての授業は大学の後だったので、終わった後は走って行ってました。また、終わってから別の生徒の家に訪問する時も時間がなくて必死で行ってました。

研修内容について

採用試験の後に誓約書を書いたり簡単に説明を受けたりしましたが、指導内容についての研修はあまりなかったように記憶しています。実際に現場に出てから自分なりに学んでいったような気がします。ただ、毎月1回事務所に立ち寄って、レポートを提出しなければなりませんでした。

本部のサポートについて

特にサポートを実感したことはありませんでしたが、わりと自分の好きなように授業ができたので自由にやらせてもらったという感覚があります。事務所も若い人が多く、全体的に厳しい雰囲気ではなかったのも良かったと思います。

の家庭教師アルバイト体験談

家庭教師をした経験

大学生の頃、友人からの紹介で家庭教師をしていました。中学生の男の子でした。野球部に所属していて、疲れるのか勉強中に居眠りをされていましたね。
でも、私はそんな時起こそうとはしませんでした。怒りもしませんでした。無理矢理起こして勉強させても頭に入らないだろうし、怒っても萎縮させるだけで良くないと思ったからです。
大抵しばらくすると気付くのでそれから集中して勉強する感じでしたね。特にこちらが指定する参考書などは使わずに教科書で分からないところを教えていく方法をとっていました。帰る時に「今日やったところを復習しておいてね」と毎回言っていましたね。復習しないと完全には自分のものに出来ないと考えていたからです。彼の家庭教師になったのは春先のことで夏過ぎてから彼が本気を出し始めたのかどうか分かりませんが成績が上がっていきました。勉強を見始めた頃は成績はクラスで中くらいでしたが、秋頃には上位に上がっていました。それに伴ない報酬も上げて頂き時給1500円から2000円になりました。家庭教師は他のバイトに比べると破格に高収入なので1500円でも十分だったのに、やはり報酬が上がるのはうれしかったですね。
でも、やはり私は彼の頑張りが一番だったと思っています。彼は見事志望校に合格でき、私もホッした覚えがあります。

家庭教師体験談

大学時代から社会人、主婦になり、出産して夜働く時間が取れなくなるまでの12年間、家庭教師のアルバイトをしました。数社契約し、最初だけ派遣先を紹介をしてもらい(この時家庭側が家庭教師紹介料を払うシステム)月謝は自分で回収する場合と、毎回どのような内容で授業したかを細かく報告し、会社のほうから給料を支払われるパターンがありました。自分の教えられる範囲を会社に伝えていたので、(又田舎ということもあり)あまりハイレベルな高校・大学を目指す子より、中間期末テスト・学力テストなどのテスト対策をしてほしいという子がほとんどでした。特に中学・高校になると部活をしている子が多く、なかなか授業に集中できないということもありましたが、眠くなれば眠くならないなどの対策(例えば冬場は暖房を切る、顔を洗う、席を立たせて気分転換させるなど)を行い無理のない程度の宿題をしてもらいました。授業後は必ず母親へそのままの状態を報告しました。「ちょっと眠そうでした。」「ここが不得意ですね。」など冗談を交えながら、本人が傷つかないようにお話しました。ご家庭とのトラブルはこちらが誠意をもって尽くしましたので、全くありませんでした。大事なお子様の将来を預かるので、成績を上げることはもちろんですが、こればかりは本人のやる気が伴わなければ伸びません。生徒やご家庭とのコミュニケーションをとることも大事なことだと学びました。

家庭教師のアルバイトをして学びの大切さが分かった

私は中学生の男子の家庭教師のアルバイトをした男性です。社会人になってから家庭教師のアルバイトをしました。最初は生徒に教えるときにどうやったら学力が伸びるかどうか悩みました。でも、家庭教師センターに生徒の学力向上方法を教えてもらったりしていきました。私も生徒に勉強を教えることにより、いろいろ学びました。私は英語と数学を教えていました。英語は英会話教室に通い英語を学びながら教えていました。数学は元々好きな科目でしたから生徒に教える教科書ガイドを購入して一緒に勉強しました。生徒は最初は全く勉強に興味がありませんでしたが、だんだんと勉強するようになってきました。学力も向上することができました。でも私の中ではもっと生徒の学力を向上させることができなかったことが少しだけ悔やんでいます。これから、家庭教師をするかたにアドバイスさせて頂きますと、家庭教師をする先生が生徒に真剣に教えていけば、生徒は学力は向上していきますよ。教科書ガイドを購入して教えることもおすすめします。また家庭教師をしていて生徒の学力が伸びなかったら家庭教師センターにどんどん相談して勉強の教え方を聞いてくださいね。生徒が学力が上がると家庭教師のアルバイトは楽しくなりますよ。

家庭教師の体験談について

私は大学時代の頃、一年間家庭教師のアルバイトをした経験があります。担当の生徒は、高校三年生の女子でした。彼女の目標は、指定校推薦で希望の大学に合格することだったので、学校の成績の内申点を上げる必要がありました。そこで、苦手科目の克服とテスト対策を主にしていました。彼女の苦手科目は数学と英語だったので、まずは数学において、学校で勉強しているテキストを使用し、一人で解いてもらいました。数学は数式を覚えることと反復練習が必要なので、苦手な問題は自分で答えが導き出せるまで、何度も挑戦させました。そして、自分で解けるようになったら、どのように解いたのかを私に一から説明してもらいました。全て完璧に説明出来るようになれば、問題を習得出来たことになります。宿題は学校の授業で習った箇所のテキストを解き、分からない問題を探してくるようにしました。次に英語において、まずは学校で学習している単語を覚える為に、授業の最初に単語の小テストをしていました。そして、教科書を読んでもらい、全て和訳をしてもらいました。分からない文は、まず文法から教え、単語の確認をしてから和訳してもらいました。一度和訳するだけでは完璧には習得出来ないので、教科書の一節を三回和訳してもらい、文法の使い方と単語の暗記に努めました。すると、苦手科目であった数学と英語の成績が少しずつ上がり、志望校に合格するすることが出来ました。

家庭教師のメリット

今まで6名の生徒を担当してきましたが、家庭教師をつけるメリットは、その子その子に合った指導ができるという点だと思います。
集団での塾の指導に自分の学力がマッチしてしっかりついていけるような子は、費用的にも周りからの刺激が受けられるという点でも塾の方が良いように思いますが、そうではなく塾のレベルに満足しないような高学力の子や、逆について行けないような低学力の子には、個別に指導が行われる家庭教師が良いと思います。
実際に私が教えていて、なかなか学校の授業について行けないような子もいました。今の学年どころか、2学年くらい戻ったレベルのものから始めるようなことも…でも、やはり基礎の部分が押さえられていないと、それ以上のものをいくら教えられても入っていかないのです。
その子のレベルがどんなものなのか、一人一人的確に把握することは塾ではなかなか困難かもしれません。
そういったところをフォローし、その子の学力のみならず、性格などに応じた指導方法を行い、生徒のやる気を惹き起こさせるというところが、家庭教師の役目であると思うし、指導する楽しさ、やりがいであると思います。
生徒たちと一緒に頑張ったことはいい思い出です。

勉強を教えるより精神的な支えの役割が求められることも

高校受験を控えた中学2年生の末期から中学3年生を何人か教えたことがあります。基本的には問題を解いてもらって、生徒が自分で解ければ、どんどん問題の数をこなしてもらい、自分で解けなければ、一緒に問題の解き方を考えるという方法をとっていました。一緒に問題を考えてくれる生徒ならばよいのですが、中には考えることすらしようとしない生徒もいました。勉強がそもそも嫌いなので、考えることが苦痛なのです。ただ勉強は嫌いではあっても、私と話したりすることは好きなようで、しょっちゅう勉強と関係ない話をしていました。勉強を教えることでお金をもらっている身としては、勉強と関係ない話をして時間を過ごしてしまってよいのだろうかと、自問自答することも多かったです。しかし、その生徒の親御さんは、先生といるときだけでも机に向かうことができてよかったと言ってくれました。家庭教師を必要としている生徒の中には、自分で勉強する習慣が全くない生徒も少なくありません。机に向かうのが嫌いな生徒にとっては、自分と話をしてくれる人がそばにいるだけで、とりあえず机に向かってみようかと思うこともあるのです。いきなり勉強をする気が起きなくても、まずは机に向かわなければ始まりません。精神的な支えとしてそばにいるだけで役に立てることもあるのだと思いました。

家庭教師のメリット

私は家庭教師を3年間、学生のときにやっており、そのつてで今も副業として家庭教師を時々しています。家庭教師を続けることができたのは他のアルバイトとは違ったメリットが多数あったからです。1つはスケジュールの調整です。家庭教師をしている人にとってそれぞれ異なりますが私の場合は家から自転車で30分と、まあまあ近いところでの家庭教師であること、また利用していただいてる生徒さんのご家族の配慮もあり、1週間に1~2回、1回につき1時間半または2時間と臨機応変なスケジュールで承諾していただいています。そのため、留学のため、授業と他のアルバイトで忙しくしていた私でも負担なく続けることができました。2つ目は内容がタメになることです。高校生の英語と世界史担当だったので改めて復習になる上、時に新しい知識も得ることができるので働いていると同時に自分のための勉強につながりました。これは学生であった私にとって大きなメリットでありました。3つ目はやりがいです。半年以上も続けると生徒ともかなり慣れ、まるで自分の妹や弟に勉強を教えているような感覚になります。その上、目標としていた点数が取れたときには自分のように嬉しいので大きなやりがいにつながりました。このようなメリットを通して、家庭教師はとてもいいアルバイトまたは副業になり得ると思います。

胸にささったお断りの瞬間

大学2回生の5月、家庭教師のアルバイトを始めました。家庭教師派遣先から紹介してもらい、週二回2時間時給2800円で、中学2年生の男子に数学を教えていました。大人しい子だったので最初はなつくまで時間がかかり、高校の部活話や大学受験の話などでコニュニケーションをとりました。少しずつ馴染んできて、楽しみに待ってくれてきたので、教えるのも楽しくなりました。また素直でよく聞いてくれ、数学の宿題をだしてもちゃんと次に行くまでに終えていました。ちょっとづつ成績がアップしていくのを実感し始めた矢先に、そこのお母さんからとても丁寧に申し訳なさそうに、また謝りながら、「うちの子は、一人っ子なので競争心が無く家庭教師は合わないの。大勢の中でもまれて成長すると思うのが家庭教師に来てもらったことで逆にわかり、よかった。一生懸命おしえてもらったのに本当にごめんなさい。今後は塾にいれようと思います。」と言われました。ひたすら謝りながら言葉を選び、気を使ってくれたのですが、私は本当に落ち込み、それからは教え子に気持ちを入れすぎるのが怖くなりました。あっさりと仕事と割り切ってできれば楽だったのですが、とてもショックでした。面と向かって伝えようとしてくれたお母さんの誠意が逆に胸にささりました。お断りの言葉だけは派遣先からききたかったと思いました。

やりがいのあるアルバイト

私は大学時代に家庭教師のアルバイトをしていました。
最初のころはかなり戸惑うことが多かったです。
生徒それぞれで進行度が違うので、進み具合や教え方を各々工夫して取り組まないといけません。
ただその苦労も生徒の成績アップにつながるととてもやりがいを感じられました。
何より他のアルバイトでは感じられない自分の貢献度を大きく感じられました。
その生徒の中でも高校3年生の生徒を受けもったことがあります。
高校3年生はやはり受験の時期なのでとても緊張感がありました。
その生徒は難関大学志望だったのですが、なかなか成績が伸びずに生徒自身も私も悩みました。
少しでも合格に近づけるようにいろいろ工夫しました。
勉強だけではなく、勉強を効率的にできるような時間の使い方についての本も読んでいました。
そういった中で生徒自身の勉強スタイルがだんだん構築されていきました。
それらが実り、センター試験前の最後の模試ではいつもD判定だった結果が、B判定まであがりました。
この勢いにのってセンター試験も高得点を獲得し、最後の二次試験にも合格することができました。
生徒自身も私も涙を流していました。
アルバイト代金を手に入れるよりも、それ以上にやりがいを感じられる経験でした。
自分の人生の中でも胸を張って誇れるような体験、そういった体験が家庭教師のアルバイトならできます。

家庭教師のアルバイトをした体験談

大学の時に私は家庭教師のアルバイトをしました。理由は単純に、人に教えるということが好きだったからです。
三件くらいのおうちにお邪魔して、中学生や高校生を教えました。初めのころは、仲良くなるために必死でした。どういう性格の子で、どの科目が苦手で、何が好きなのか、などその子を知ろうと努力しました。その努力の甲斐もあって、子供たちは心を開いてくれるようになりました。そして分からない問題については、科目を問わず教えるようにしていました。
その際に重要だと思ったのは、子供が分からないと言ってくることに対しての姿勢です。この問題が分からないから教えて、と言われてただ教えるのは絶対にだめだと思います。どこまで考えたのか、どこまでわかって、どこからが分からないのか、子供が自分から説明することが大切だと思います。そうでないと、分からないからただ聞くというだけだと受け身になってしまうからです。
また、子供をやる気にさせるにはどうするかを考えるのも大切だと思いました。一緒に時間を決めて問題を解くと競争心が掻き立てられる子や、テストの点数を褒めると伸びる子などがいます。しっかりやる気を出させ、伸ばすにはどうするかを考えるべきだと思います。

アルバイト開始までの簡単4ステップ!

Step1
応募する
都道府県ページから、ご希望の家庭教師センターを選択し、一括応募します。
Step2
連絡が来る
応募したセンターから、直接連絡が来ます。
Step3
面接を受ける
面接日時のすり合わせを行い、採用面接を受けます。
Step4
勤務開始!
採用が決定し、担当案件が決まれば、家庭教師スタートです!

家庭教師センターに応募する際のポイント

応募する家庭教師センターの、応募資格はしっかりチェック!

当サイトに掲載している家庭教師センターの中には、「プロ家庭教師のみ募集」、「学生不可」といったように、応募資格に制限を設けているセンターもあります。「募集中の家庭教師センター一覧」に記載されている、各家庭教師センターの応募資格はしっかり確認してから応募しましょう。

登録フォームはより詳しく記入!

登録フォームに記入する際、「必須」以外の項目も埋め、できるだけ多くの情報を記入することで、家庭教師センターから希望の案件を紹介してもらいやすくなります。また、自己PR欄を充実させ、家庭教師センターに志望の熱意をしっかりと伝えることも採用のポイントだと言えます。

できるだけ多くの家庭教師センターに応募!

当サイトでは複数の家庭教師センターに一括応募し、応募した家庭教師センターから直接案件を紹介してもらいます。多くの家庭教師センターにまとめて応募することで、自分の希望に合った案件も見つかりやすくなり、より早く家庭教師アルバイトを始めることができます。
当サイトでは、応募いただいた方が安心して働くことができ、アルバイトに十分に満足していただくという理念を尊重しております。そのため、以下の優良家庭教師センター基準を独自で設け、これらを全て満たしている家庭教師センターのみを掲載しています。
・連絡窓口がある  ・高額な教材販売がない  ・報酬基準が明確  ・法令順守
高額教材販売会社などの悪徳家庭教師センターは一切掲載しておりませんので、安心してご応募ください。

よくあるQ&A

未経験でも大丈夫ですか?

家庭教師会社がフォローをしてくれるので、未経験の方でも登録可能です。

指導教科や指導学年は選べますか?

ご登録いただく際に、指導可能科目・学年を選択できます。
もし、希望と違う指導科目・学年の案件を依頼された場合でも断ることができます。

週何日程度から勤務できますか?

週1日からといった短時間勤務の案件などもあります。
そのため、勉強やサークル、他のバイトで忙しいという方でも登録していただけます。

社会人でも登録は可能ですか?

登録可能です。しかし、家庭教師会社によっては、学生のみ募集している会社もありますので、募集内容をご確認ください。
家庭教師アルバイト募集ナビ
家庭教師アルバイト募集ナビは、家庭教師アルバイトを一括応募で簡単に探すことのできる、家庭教師アルバイト検索サイトです。当サイトに掲載されている家庭教師センターは、大手・中堅の優良センターのみなので、家庭教師アルバイトが初めての方でも安心してご応募いただけます。また、時給等に関するコラムも充実しておりますので、応募の際には是非ご覧下さい。